So-net無料ブログ作成
活字中毒 ブログトップ
前の10件 | -

今週の本 18/6/11-6/17 [活字中毒]

今週の1枚。今はもっと葉っぱにょきにょき出てます。

IMG_0401.jpg

昨年種から育てたバオバブ。6本中3本無事に越冬できました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玉村警部補の巡礼

玉村警部補の巡礼

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2018/04/06
  • メディア: 単行本
なんだかんだで息のあった二人。お遍路と事件解決、両方楽しめた。

祈りのカルテ

祈りのカルテ

  • 作者: 知念 実希人
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/29
  • メディア: 単行本
ある意味診察って謎解きの部分もあるのかしら。なんて思いつつ。
こんな風に寄り添ってくれるお医者さんがいたら心強そうだ。

悪徳の輪舞曲

悪徳の輪舞曲

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 単行本
さすがの御子柴さんも肉親となるといつものようにはいかないのか。
でも見事な弁護。被告の家族は過酷な人生になるのだなと改めて思う。



 


 





54

nice!(7) 
共通テーマ:

今週の本 18/6/4-6/10 [活字中毒]

今週の1枚。「南高梅」

IMG_0433.jpg

沖縄の黒糖で漬けました。梅シロップづくり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

震える教室

震える教室

  • 作者: 近藤 史恵
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/31
  • メディア: 単行本
なんといっても終わり方が怖い。不安が残って仕方ない。
強い念ってやっぱりあるんだろうな・・・。

引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還

引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還

  • 作者: 雫井 脩介
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/03/17
  • メディア: 単行本
思い入れが強すぎてもだめ、なさすぎてもだめ。雇う側も雇われる側も
ウィンウィンで。冷静な判断力と熱い気持ちが必要とされる仕事なんだろうと思う。



 


 





51

nice!(8) 
共通テーマ:

今週の本 18/5/28-6/3 [活字中毒]

今週の1枚。ちょうど1ヶ月前に買った苗。

IMG_0264.jpg

すずらんってとてもいい香りがするのね。うっとりです。


本です。

クリーピー (光文社文庫)

クリーピー (光文社文庫)

  • 作者: 前川 裕
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: 文庫
べたっとした気持ちの悪い不安がまとわりついてくるような。
初めて読んだ作家さんだったけど、なかなかおもしろかった。

引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険

引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険

  • 作者: 雫井 脩介
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/03/17
  • メディア: 単行本
久しぶりの雫井さんの新刊。期待していたほどのめりこめる感じでは
なかったけど、ヘッドハンティングの世界も面白そうだな、と
興味深く読んだ。

犬棒日記

犬棒日記

  • 作者: 乃南 アサ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2018/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
日常でふと出合った瞬間を集めたエッセイ。どれも心が痛むような
話ばかり。いつのまにこんなにつらい社会になっちゃったんだろう、
などと思ってしまう。特に開店すぐのスーパーの話はもう息苦しく
なるほど。


 


 





49

nice!(9) 
共通テーマ:

今週の本 18/5/21-5/27 [活字中毒]


 

シュラ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結4 (中公文庫)

シュラ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結4 

  • 作者: 沢村 鐵
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/07/23
  • メディア: 文庫

 


ゆるぎない信念を持った人たちのなんと強いこと。そして仲間の存在の
心強さ。

書店ガール 6  遅れて来た客 (PHP文芸文庫)

書店ガール 6 遅れて来た客 (PHP文芸文庫)

  • 作者: 碧野 圭
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2017/07/11
  • メディア: 文庫
小説をアニメ化したりコミック化したりするのって思った以上に
大変なんだろうな。それぞれがプライドを持って仕事していたら余計に。
そしてがんばりや経験はすべて自分の糧になるんだ、ということ。

にらみ

にらみ

  • 作者: 長岡 弘樹
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 単行本
毛色の違う世界が集まった短編集だったが、どれもはっとさせられたり、
おもしろかった。

腕貫探偵 (実業之日本社文庫)

腕貫探偵 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/12/03
  • メディア: 文庫
とりあえず登場人物がどれも凝った名字でそこが気になってしまった。
人の話を聞いただけで謎を解決してしまうすごい人。

 





46

nice!(7) 
共通テーマ:

今週の本 18/5/14-5/20 [活字中毒]


ガーディアン

ガーディアン

  • 作者: 薬丸 岳
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: 単行本
先生が頼りにならないなら自分たちで・・・。かなりリアルな世界だった。
でも最終的には言葉だったり視線だったり、触れあいなんだと思わされる。
けどこの終わり方・・・!

ネメシス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結3 (中公文庫)

ネメシス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結3

  • 作者: 沢村 鐵
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/02/22
  • メディア: 文庫
田中という人物の得体の知れなさが恐ろしい。そんな中で忠輔の存在や
精一杯闘う警察官の姿に救われる。ドキドキしっぱなし。

書店ガール 5 (PHP文芸文庫)

書店ガール 5 (PHP文芸文庫)

  • 作者: 碧野 圭
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/05/06
  • メディア: 文庫
こんな風に働けたら素敵だなと心底思う。なんだか胸が熱くなる。

 


 









42

nice!(7) 
共通テーマ:

今週の本 18/5/1-5/13 [活字中毒]

 

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)

  • 作者: 碧野 圭
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/05/11
  • メディア: 文庫
本っていいな、書店っていいな、と毎回思わせてくれる。
少なくなっていってもなくなることはない、そう信じることができる。

路上のX

路上のX

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2018/02/07
  • メディア: 単行本
無責任な大人に虐げられた子どもたちの悲痛な叫びに心が痛む。
こんな状況に置かれたらどうやって生きていったらいいんだろう。
周りの大人に翻弄され、自分の怒りに翻弄され、感情がぐるぐる渦巻く。

スカイハイ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結2 (中公文庫)

スカイハイ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結2 

  • 作者: 沢村 鐵
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/09/21
  • メディア: 文庫
人が人を操るというのは不愉快な行為だ。そして人が人を守ろうとする姿は
素直に感動させられる。

 


 









39

nice!(6) 
共通テーマ:

今週の本 18/4/23-4/30 [活字中毒]

4月も終わりですねぇ。

神の子(上) (光文社文庫)

神の子(上) (光文社文庫)

  • 作者: 薬丸 岳
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/12/08
  • メディア: 文庫
神の子(下) (光文社文庫)

神の子(下) (光文社文庫)

  • 作者: 薬丸 岳
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/12/08
  • メディア: 文庫
恐ろしくなる世界だったけれど、仲間の大切さをしみじみと感じる話だった。
結局は小さなひとりひとりの人間の心のつながりが実は一番強いんじゃないか
と思わせてくれた。

P・O・S: キャメルマート京洛病院店の四季 (ハヤカワ文庫JA)

P・O・S: キャメルマート京洛病院店の四季 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 鏑木 蓮
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/05/24
  • メディア: 新書
京都が舞台ということもあってなんとなく親近感。データだけでは
はかれないこと。たくさんの人の気持ちがつながっていって、それがまた
大きなものにつながっていくんだな、と温かい気持ちになった。



 


 









36

nice!(8) 
共通テーマ:

今週の本 18/4/9-4/22 [活字中毒]


鍵の掛かった男

鍵の掛かった男

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2015/10/08
  • メディア: 単行本
謎解きへの興味深さと共に、一人の人生を遡ることの難しさと複雑な思いを
味わった。それを知ることによって温かい気持ちになれる人と冷たい気持ちに
なる人がいるだろう。

向田理髪店

向田理髪店

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
登場人物たちには他人事だと思って無責任なことを言うんじゃない、と
怒られそうだが、なんだかんだ楽しそうだなぁとにやにやしてしまった。

何様

何様

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/08/31
  • メディア: 単行本
就活生を描いた『何者』と対になる短編集。大人には大人の事情が
いろいろあるのよね。就活生が「こちら側」にきた話もあったりして、
おもしろかった。でも『何者』のほうが迫ってくるものがあったかな。

横濱エトランゼ

横濱エトランゼ

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
横浜の今と昔の景色やそこに住む人たちの思いなど、素敵な空気を
感じることができた。恋の行方も気になるところ。



 


 









33

nice!(8) 
共通テーマ:

今週の本 18/4/2-4/8 [活字中毒]


護られなかった者たちへ

護られなかった者たちへ

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2018/01/23
  • メディア: 単行本
完璧な制度ってないんだろうとは思うけど。不正受給などの生活保護に関する話題を
聞くたびに不安を覚える。本当に必要としている人たちに届いているのだろうか。
あまりにも切ない話で心が痛んだ。


何者

何者

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/11/30
  • メディア: 単行本
就活のとき、初めて真剣に自分って何者なんだろうと考える人も多いと思う。
自分の弱さに直面したり、他人を意地悪く見ることでなんとか自分を保ったり、
プライドや妬みやいろいろな感情との闘いだろう。
今はそこにSNSなんかも絡んできて、余計にしんどいと思う。
リアルに迫ってくるそれぞれの若者の心のありようになんだかドキドキしてしまった。

 









29

nice!(8) 
共通テーマ:

今週の本 18/3/26-4/1 [活字中毒]

今週の1枚。「おめみえ」

IMG_9814.jpg

てるおの季節が始まりました。本です。

海馬の尻尾

海馬の尻尾

  • 作者: 荻原浩
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/01/17
  • メディア: 単行本
読み終わったあと、切なくて仕方ない気分。暴力的なヤクザ者が。

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 単行本
高校生にいろいろと教えられた気分。苦い思いも含めて青春なんだな。









27

nice!(9) 
共通テーマ:
前の10件 | - 活字中毒 ブログトップ