So-net無料ブログ作成
検索選択

今週の本 17/5/15-5/28 [活字中毒]


錯迷

錯迷

  • 作者: 堂場 瞬一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: 単行本

自分にはまったく縁がないけれど、上に立つ者の苦労や責任の重さを
知った気がする。そして警察という独特の世界。結束力がかたいからこそ、
味方になるか敵になるかで全然変わってくる。

愛しいひと

愛しいひと

  • 作者: 明野 照葉
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 単行本
なんか分かるなぁと思わされる場面も多々ありつつ、全体としては
いまいち入りこめなかったかな。いくつになっても成長できるんだ、という
励みにはなったかも。

SCS ストーカー犯罪対策室 下

SCS ストーカー犯罪対策室 下

  • 作者: 五十嵐 貴久
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ストーキングの方法は予想通りだったけど、Sの正体は分からなかったなー。

終りなき夜に生れつく

終りなき夜に生れつく

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/20
  • メディア: 単行本
本当にある世界のようなリアルさのなかに流れる独特の空気。一気読みした。
切なさを残しつつ、このあと起こるのであろう恐ろしい出来事が気になる。





 


48




nice!(8) 

今週の本 17/5/1-5/14 [活字中毒]

なんだか記事が書きにくくなった・・・レイアウトがすごく崩れます。
読みにくかったらごめんなさい。
今週の1枚もうまく入れられなかったので休みます。


本です。


書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)

書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)

  • 作者: 碧野 圭
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2013/03/19
  • メディア: 文庫
このシリーズ、やっぱりおもしろい。ますます二人から目が離せない!

物件探偵

物件探偵

  • 作者: 乾 くるみ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: 単行本
不動産という業界もいろいろあるんだろうな、なんてのんきに思いつつ、
いろいろな物件のいろいろな謎解きを楽しんだ。

大暴落 ガラ

大暴落 ガラ

  • 作者: 幸田 真音
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: 単行本
もどかしい思いにじりじりしながら、新しい女性総理を応援しながら。
政治や相場の世界を疑似体験させてもらった気分。

SCS ストーカー犯罪対策室 上

SCS ストーカー犯罪対策室 上

  • 作者: 五十嵐 貴久
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
続きが気になる。早く下巻が読みたいところ。





44 


nice!(11) 

今週の本 17/4/17-4/30 [活字中毒]

4月ももう終わり!?な今週の1枚。「遭遇」


IMG_7882.jpg


アミガサタケ。 




 

本です。    




失われた地図

失われた地図

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/10
  • メディア: 単行本


禍々しい空気で独特な世界だった。でもちょっとピンとこなかったかな。



毎日っていいな

毎日っていいな

  • 作者: 吉本 ばなな
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: 単行本 

 


はっとさせられたりじんわりしみたり、ばななさんのエッセイは素敵。



ガラパゴス 上

ガラパゴス 上

  • 作者: 相場 英雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/01/26
  • メディア: 単行本



ガラパゴス 下

ガラパゴス 下

  • 作者: 相場 英雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/01/26
  • メディア: 単行本

現実にこういうことが起きているのだろうか。立場の弱い人たちが
企業の利益のために搾取されている。読んでいて本当に恐ろしくなった。
安さ、便利さばかりを追求していると、どこかで歪みが生じ、犠牲になる
人たちが出てきてしまう。本当の豊かさ、働くこと、色々と考えさせられた。




40


nice!(12) 

今週の本 17/4/10-4/16 [活字中毒]

今週の1枚。「おとなり滋賀県の」

IMG_7744.jpg 

B級グルメ。近江ちゃんぽん。野菜たっぷり。 


 

本です。    


鳩の撃退法 上

鳩の撃退法 上

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/11/13
  • メディア: 単行本

鳩の撃退法 下

鳩の撃退法 下

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/11/13
  • メディア: 単行本
どこからが本当の話でどこからが小説の中の話なのか分からなくなってくる。
さまざまに絡み合う人間関係やなんとも自由に渡り歩いていく鳩に翻弄されつつ
最後の衝撃的な真実にたどりつく。
 
 

辞めない理由

辞めない理由

  • 作者: 碧野 圭
  • 出版社/メーカー: PARCO出版
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本

悔しさがびしびし伝わってくる。そしてそこから乗り越えていく姿、そして
周りを巻き込めるようになった成長ぶりにエールを送りたくなる。
あっぱれだ!
 
 
 
36

nice!(9) 

今週の本 17/4/3-4/9 [活字中毒]

今週の1枚。「気がつけば」

IMG_7794.jpg 

今週ブログ11周年を迎えてました。12年目もゆるーくお願いします♪ 


 

本です。   


書店ガール (PHP文芸文庫)

書店ガール (PHP文芸文庫)

  • 作者: 碧野 圭
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/03/29
  • メディア: 文庫

読み始めたときはどうなることかと思ったが、二人ともとても
気持ちのいい女性で、書店が大好きで、仕事が大好きで、なんだか
清々しい気持ちになった。


アンソロジー 隠す

アンソロジー 隠す

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/09
  • メディア: 単行本

好きな作家さんがたくさん入っていて、初読みの人も含め、どれも
おもしろかった。


ナンバー (双葉文庫)

ナンバー (双葉文庫)

  • 作者: 相場 英雄
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/09/11
  • メディア: 文庫

失敗をしながらも成長していく若い刑事の姿も、そしてそれを見守る
ベテラン刑事の姿も、とてもよかった。知能犯との闘いというのも
神経をすり減らすものなんだろうな。


翼がなくても

翼がなくても

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2017/01/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ひたすら貪欲に前へ前へと走っていく主人公の姿に胸が熱くなる。
走っているときは読んでいて一緒に息が苦しくなるほど。
彼女のひたむきさが眩しかった。

 

33


nice!(12) 

今週の本 17/3/27-4/2 [活字中毒]

今週の1枚。「予想通り」

IMG_7755.jpg 

スニフはほとんど見当たらず(笑) 


 

本です。   


時の渚 (文春文庫)

時の渚 (文春文庫)

  • 作者: 笹本 稜平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/04/07
  • メディア: 文庫
あまりにも複雑に、しかも最後の最後まで絡みあっていてしんどいくらい
だったけど。依頼人の老人との最後の会話にぐっときた。

禁煙小説 (双葉文庫)

禁煙小説 (双葉文庫)

  • 作者: 垣谷 美雨
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2011/12/15
  • メディア: 文庫

タバコをやめたい喫煙者の心の葛藤ってきっとこういう感じなんだろうな、と
気の毒に思いつつ。三浦医師の存在意義があまりよくわからなかった。


終点のあの子 (文春文庫)

終点のあの子 (文春文庫)

  • 作者: 柚木 麻子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/04/10
  • メディア: 文庫

女子高の女子高生という独特な心理描写があまりにリアルでどきどきした。
ちょっとしたことで自分の感情が変わったり、友達関係が変わったり、
好き、嫌い、反発、嫉妬、不安定な心の動きがもろくて不安になる。

 

29


nice!(11) 

今週の本 17/3/20-3/26 [活字中毒]

今週の1枚。「食べ終わったあとも」

IMG_7481.jpg 

なんだか美しい。 


 

本です。    


憑流

憑流

  • 作者: 明野 照葉
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本

静かに忍び寄る怖さ。あらがえない力になすすべもなく、これでは
心が壊れてしまうのも納得。


時が見下ろす町

時が見下ろす町

  • 作者: 長岡弘樹
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本

短編集。どれも派手な舞台ではなく、日常の風景の中にあるのだが、
なんとも味わい深い。 

 


26

nice!(11) 

今週の本 17/3/13-3/19 [活字中毒]

今週の1枚。「時々食べたくなって」

IMG_7480.jpg

行っちゃいます。今宮神社。あぶり餅。 


 

本です。    


殺し屋、やってます。

殺し屋、やってます。

  • 作者: 石持 浅海
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/01/12
  • メディア: 単行本
ちょっと変わった殺し屋さん。きちっと仕事もこなすけど、きちっと
謎も解いちゃう。淡々と仕事をこなす様に恐ろしさを感じさせないのが
すごい。


脇坂副署長の長い一日

脇坂副署長の長い一日

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/11/04
  • メディア: 単行本
次から次へと厄介ごとが起こって、本当に長い一日だったなぁ…としみじみ。
読み終わって思わずお疲れさまでした、とねぎらいたくなった。


私をくいとめて

私をくいとめて

  • 作者: 綿矢りさ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: 単行本

年齢を重ねるごとに臆病に、慎重になる気持ちはよく分かる。でも幸せに
なってほしい。


マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)

マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)

  • 作者: 近藤 史恵
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: 単行本

シリーズ最新作。おいしそうな料理と一緒にシェフの謎解きも楽しめる。
こんなビストロがあったらいいのに。

 

 

24


nice!(6) 

今週の本 17/2/27-3/12 [活字中毒]

今週の1枚。「喫茶チロル」

IMG_7601.jpg

カレースパゲティー。 


 

本です。  


クローバーナイト

クローバーナイト

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/11/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ホカツの話ではちょっと怖いくらいだなぁ、と驚いたりしながら
素敵な家族の生活にほのぼのとさせてもらっていたが、最終話で
親子からそれぞれの家族同士の関係に変わることへの難しさについて
考えさせられたり、旦那さん頼もしいなぁ!と感心したり。


御子柴くんの甘味と捜査 (中公文庫)

御子柴くんの甘味と捜査 (中公文庫)

  • 作者: 若竹 七海
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/06/21
  • メディア: 文庫

なんとも微笑ましい御子柴くん。上司に翻弄されつつもしっかり
事件は解決。気軽に楽しめる短編集。 


さまよえる古道具屋の物語

さまよえる古道具屋の物語

  • 作者: 柴田 よしき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 単行本

途中からどこに向かうんだろう、とドキドキさせられながら。
特にエプロンの話では欲にのみこまれていく様子が恐ろしかった。 


 

20

nice!(10) 

今週の本 17/2/13-2/26 [活字中毒]

今週の1枚。「かわいい切手で手紙が来たよ」

IMG_7617.jpg 

ずっと食べ物の写真ばかりだったので、たまには。 


 

本です。  


さえずる舌 (光文社文庫)

さえずる舌 (光文社文庫)

  • 作者: 明野 照葉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 文庫


静かに怖い。説明のつかない、得体の知れない、想像できない存在って
恐ろしい。自分の嫌な部分、悪の部分を見せつけられてしまう存在って
恐ろしい。最後まで逃れられず縛られてしまって、読み終わっても怖い。


有村ちさとによると世界は

有村ちさとによると世界は

  • 作者: 平山 瑞穂
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2010/08/18
  • メディア: 単行本

なんだかとても不思議な世界だった。そして風変わりな登場人物たちが
なんだか愛おしく感じる世界だった。

本バスめぐりん。

本バスめぐりん。

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 単行本

やっぱり本っていいな、と思わせてくれる。本を介して人がつながっていく。
移動図書館って最高の場所だ。


セイレーンの懺悔

セイレーンの懺悔

  • 作者: 中山 七里
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/11/15
  • メディア: 単行本

マスコミの在り方だけでなく視聴者の在り方をも考えさせられた。
取材されるほうも取材するほうも苦悩し、涙を流しているのだと思いたい。
そしてそれを受けるテレビの向こう側の大勢の人たちも。 

 

 
17

nice!(9)